Ukulele Cafe O'konaのホームページ

 

コーヒー専門店ウクレレカフェオコナ“Ukulele Cafe O'Kona”

 

生豆・焙煎豆・自己焙煎コーヒー・新鮮で体に良いコーヒーに出会える★

国内流通最高級グレードの生豆。煎りたてのコーヒーが味わえるカフェ★

コナコーヒーコンテスト最優秀賞受賞豆取扱・ハワイコーヒー直輸入★

生豆・焙煎豆、販売中!初心者向けウクレレ教室も開催中♪

「美味しいコーヒーを飲みながら、楽しいウクレレの音を聞けたら…」

そんな場所で、時間を忘れてゆっくり過ごして頂きたいという思いの詰まったお店です♪

カフェオコナのTOPカフェオコナの商品一覧カフェオコナのお支払・送料についてカフェオコナの店舗紹介カフェオコナの新着情報カフェオコナのお問い合わせカフェオコナのカートの中
カフェオコナへようこそ!
カフェオコナのカテゴリ一覧

カフェオコナのコーヒー豆

カフェオコナのコーヒー器具

カフェオコナのアロハギフト

カフェオコナの紹介

カフェオコナのライブイベント

カフェオコナのリンク
TOPコーヒー淹れ方(基本)淹れ方(その1)淹れ方(その2)淹れ方(完成)

⑦ミル

コーヒー豆ミル後 ミルとはコーヒー豆を挽いて粉にすることです。
カッター式のものより石臼式のものを
選ばれたほうが香り高いコーヒーとなります。
また、目の細かさでもコーヒーの味が変わります。
目の粗いものはあっさりとしたアメリカンのような 
コーヒーミル
コーヒーとなり、目の細かいものはしっかりと濃いコーヒーとなります。
お好みに合わせて挽き目を調整してください。
ご自分に合った挽き目を見つけるまでいろいろな挽き目を試してみてください。  

コーヒーライン

⑧ドリップの前に
コーヒーの淹れ方
ミルしたコーヒー豆をフィルターに入れた後、
ドリッパーをトントントンとたたき、スプーンでキュッキュッと押さえます。
こうすることで、密度を高くし、おとしたお湯が素通りしなくなります。
ちょっとのことですが、大事な行程なんです!
あと、この後おとすお湯の温度ですが、最適なのは85~90度です。
それ以上だと苦味が強いコーヒーとなり、
それ以下だと酸味が強いコーヒーとなります。
同じ豆でもお湯の温度やおとし方で味がずい分変わってくるので
お好みに合わせていろいろと試してみると面白いですよ!  
 

コーヒーライン

⑨ドリップ

コーヒーの淹れ方 それでは、ドリップしていきます。
まずはじめに、少量のお湯を豆全体に
いきわたるようにおとします。
そして、いったんお湯をおとすのをやめ、
 
コーヒーの淹れ方・お湯の注ぎ方
コーヒー豆を30秒ほど蒸らします。
このときに、豆がふわっとふくらんで呼吸をするのが新鮮なコーヒーの証です。
十分に蒸らしたあと、お湯をおとしていきます。
お湯は中心部分に500円玉大の円を描くようにおとしていきます。
その際、お湯を細くおとすと濃いコーヒーとなり、
太くおとすとあっさりしたコーヒーとなります。
コーヒーは軽量した杯数分のメモリのところまでおとし、
メモリに達したらドリッパーを外してください。
新鮮で健康的なおいしいコーヒーのできあがりです★  

コーヒーライン

⑩完成!!

コーヒー完成 それでは、お気に入りのカップにコーヒーを注いで
お召し上がりください。
これまでの工程で、コーヒーの香りに癒され
心も体もリラックスして至福のひと時を過ごせるはずです。
では、ごゆっくりとお楽しみください!!

カフェオコナのTOPへ